更新日:2018年1月13日
【人事評価制度で一番大事なことは、正しく公平に】


顧問先のトラック運送会社さんで、会社の課題と計画の打合せをしました。
「キャリアアップ」労働局から申請が受理されたので順次助成金申請します。
また、採用状況について、欠員が出ているので
早急な採用が求められています。

高卒や女性ドライバー採用も行いたいが、
その前に「人事制度」「人事考課」の仕組みを構築に早急に検討し
実行レベルまで引き上げ、次回打ち合わせで「人事制度」を取り上げます。
併せて「給与制度」も「人事評価制度」にリンクした形にし、
目標次年度春からスタートします。

「人事評価制度」で一番大事なことは、
「正しく」「公平」に上が判断できるかであり、
これは練習を積む必要がある。キチンと仕事をする人、できる人とは
他の人との差があって当然であり、
その仕組みを構築するのは時間と手間がかかるが会社として必要なことである。

新卒採用を意識して随時、会社説明会やハローワークに対して
積極的な採用活動は継続する。ホームページの改定を実施中。継続改定が必要です。

「人作り」「ドライバー教育」「ドライバー指導」
「初任&高齢者ドライバーへの最初の教育(法的対応)」「ルールの徹底」をします。