更新日:2018年10月24日
【「長」としての残業命令】


顧問先トラック・倉庫・構内作業をしているトラック運送会社さんで、
プロジェクト会議をしました。

「長」が抱えている「実務問題」を中心に組織の壁を乗り越えて、
それぞれの「長」が他の部署の問題を自分の問題と捉え、
「自ら考え」「自ら行動」できる会議とする。

作業場所で「長」はシフト予定表を作成し、
予定を点線、実施を実線で管理する。

残業命令はそれぞれの「長」が考え、会社の業務として必要なら命令する。
それに伴い「長」は日々の仕事の「山積表」を作成し、
どこに仕事の「山=ピーク」「谷=減」があるか把握し実行プランを立てる。