更新日:2017年02月22日
【社員教育について】


顧問のトラック運送会社さんで、
「新入社員」「中途採用社員」の教育をすることになりました。
やはり、新しく入社された社員さんにとって、
これから長く勤められるのか、この会社はどのような会社なのか、
これからの自分のキヤリアップなど、知りたい内容が一杯のはずです。

多くの会社では、仕事が忙しいからとか、教えられる社員がいないなどで、
おざなりになるケースがあります。

やはり、運送会社は「人」と「作業」で成り立っています。

安全面では公共の交通での社会的な影響も大きく、
安全に運転をすること、本人の特徴をつかんで的確に指導することが大事です。

品質トラブル面では、お客様への信頼が会社の生命線です。
そこで手を抜くと会社の存在感がなくなります。

いずれも、何事も最初が肝心とよく言われますが、
新しい人材を見極めて適切な指導を行い、基本動作を忘れないように指導をします。

また、教育は定期的にフォローすることも必要で、
3ヵ月後、6ヵ月後、1年後のフォロー研修もして、
本人に成長や反対に直さないといけない所を見つけて指導します。