更新日:2017年01月17日
【顧問先の幹部会に出席(安全・事故報告と損益概況)】


トラック運送会社顧問先の幹部会に出席、
安全・事故報告と損益概況、課題について議論しました。

安全・品質事故トラブルについて、
各基地から報告がありましたが、
問題は根深くその場しのぎの対応が 多く、抜本的な対策が必要です。


その場で議論された内容を十分理解せず、
どう対応したらいいのかが、分からない状況です。

会議が終わって各基地の責任者を集まってもらい、
幹部会で指摘された個々の案件に対して、
1件毎に「誰が」「いつまでに」「どうする」のかを決めました。



過去、同じ様な繰り返しで、同じ対応策の繰り返しで、常に中途半端に終わらせていました。

起きた事例は、
事例から学ぶのが一番大事です。我々は事例でしか学べないのです。



風土・体質として、上司の考え方が甘く、
部下に徹底できないし、徹底の方法が理解できていません。

事細かく、決め事をして、それを淡々と実行することの繰り返しでしかありません。
実際に無理な人に無理なことを言ってもダメなのも事実です。その場合は思い切って入れ替えることも必要です。
時間と手間を掛けて改善を続けるだけです。